マニュフェスト2009/08/14 00:13


帰宅途中の駅前で民主党のマニュフェストを配っていた。

そういえば、8月30日投開票の総選挙が近づいてきたなと思う。

自民党もマニュフェストを発表したと聞いているが、

こちらはあまりお目にかからない。

民主党の活動が自民党よりも活発で、元気が良いということですね。

政権交代と攻める方が元気が良く活発なのは当然ですが、

自民党の方はあまりお目にかからないのは、危機感がないのか、

安泰で悠然としているのか、はたまた諦めムードか・・・・・・・・・。

これからの4年間の日本の舵取りを任せるのだから、

しっかりとマニュフェストを読もうと思うが、

なかなか読みづらい。

テレビニュースの解説のほうが分かりやすく手っ取り早いが、

テレビもあまり鵜呑みには出来ない。

「高速道路無料化」も経済を活発にし、

物流コストを下げる効果はあるが、

これまでの借金35兆円と

今後の維持管理費や建設費のことはどうするのか不明。

道路など社会的インフラ整備は税金で行うのが本来の姿と考えるが、

受益者負担の考え方もないではない。

しかし、整備が進んだ現在では、

高速道路も一般国道と同じように考えればいいのではないか。

ただ、道路の必要性を十分に議論し国の戦略的に考えるべきである。

受益者負担の名の下で、

いつの間にか過大な利用を見込み不要な高速道路を作るより、

税金で作るほうがよいと思う。

料金徴収の手間も要らない、料金所での渋滞が減る等メリットもある。

コメント

_ 通りすがり ― 2009/08/15 23:49

通りすがりで失礼します。

民主党は、2020年までにCO2排出量を1990年比25%削減するとしています。
マニフェストには高速道路無料化、暫定税率廃止のほか、地球温暖化対策税の導入についても書かれています。
目標を達成するためには、自動車利用者にとって、高速道路無料化、暫定税率廃止と引き換えに、地球温暖化対策税による今まで以上の負担が必要となります。
仮に増税になっても、マニフェストに記載されていますから言い訳ができますね。
また、首都高速、阪神高速などの渋滞路線は有料のまま存置すると、当初から主張していますね。

一方、高速道路一律1000円は、何の前準備もなく導入されました。土日限定としたのも交通実態を考慮したものではなく、単なるバラマキで大衆受けにすぎません。そのせいで、各地で渋滞が多発し、CO2排出量の増大といった弊害が出ています。その対策は何も打ち出していません。
民主党は、自民党のこの施策を反面教師にすべきですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
自動化プログラムの投稿を防ぐクイズです。「富士山の高さは、何m?」(ヒント全角数字で3776)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tonakai.asablo.jp/blog/2009/08/14/4510286/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。